NEWS

OUR BLOG

NEWS2018-04-27T16:21:35+00:00

11月のお知らせ

11月のお休みは第1、第3月曜日と毎週火曜日です。 5日(月)、6日(火)、13日(火)、19日(月)、20日(火)、27日(火) スタイリストのお休みは keigo 7日(水)、28日(水)、29日(木) hosoyachi 14日(水) hitomi 22日(木)、23日(金) [...]

地域貢献!! 八戸市の補助金に繋がることを願って!

医療用ウィッグの正しい知識や情報を伝え、患者さんが前向きに治療へ取り組める環境を作りたい。 医療用ウィッグ知って」八戸の美容師・杉村さん、周知に力/青森 「美容師として患者さんをサポートしたい」と医療用ウィッグの周知に取り組む杉村慶悟さん=八戸市内  がん治療などで脱毛した患者らをサポートしようと、精力的に活動している美容師が青森県八戸市にいる。同市田向3丁目の美容サロン「サムサフィリゾート」代表の杉村慶悟さん(52)は、医療用ウィッグ(かつら)の使用方法や闘病中の正しい頭皮ケアを伝えるため、患者向けの講演会開催やカウンセリングなどに取り組む。「医療用ウィッグの正しい知識や情報を伝え、患者さんが前向きに治療に取り組める環境をつくりたい」と力を込める。 抗がん剤や放射線治療による副作用で脱毛の症状が現れる。身体的な苦痛に加え、特に女性にとっては精神的なダメージにもなる。そんな治療脱毛期の悩みを軽減する手段が医療用ウィッグだ。地肌に優しく、ずれにくいインナーキャップが付属しているのが特徴。近年は、色彩や質感などさまざまな種類が登場し、カットやパーマといった自由なヘアスタイルも可能になっている。 杉村さんによると、医療用ウィッグの認知度はまだまだ低い。正しい知識が普及していないため、自分に合わなくても我慢してしまったり、メンテナンスできずにウィッグを傷めてしまったりする人が多いという。 また、購入費用は4万~5万円と安価でなく、全国では助成制度を設ける自治体が増えている。近隣では秋田県や岩手県北上市で実施する一方、青森県内での導入はないのが現状だ。 杉村さんが取り組みを始めたのは5年前。サロンを利用している女性が病気で脱毛し、悩んでいるのを知ったのがきっかけだった。 それから自前で医療用ウィッグに関する講習を受け、専門知識や技術を習得。現在、市内の病院などで講演会や勉強会を開催して周知に努めるとともに、サロンでの個別相談や後進の育成にも力を注ぐ。 [...]

sam suffit RESORTイチオシ!

ルミエリーナ新ドライヤー 使えば使うほど艶がでる、あの痛まないドライヤーがパワーアップして新発売!レプロナイザー3D plus ヘアビューザーより風量を高め、乾燥速度が格段に早くなりました。なのに、これまで以上に使うほどに髪が潤い艶やかになるという常識では未体験の世界を体感出来ます! しばらく在庫切れが予想されます。詳しくはお電話くださいませ!